合唱団紹介

心を合わせて一つの音楽を

富士通川崎合唱団は、戦後間もない1947年(昭和22年)に創立されました。以来、活動の規模や内容は変化しながらも、半世紀以上経った現在に活動が引き継がれています。かつては、富士通グループの各地の事業所・工場に合唱団が存在した時代もあったようですが、現在ではその数は減り、その中でも当川崎合唱団が最大規模のものとなっています。

当団は、職場合唱団であるという性格上、各種社内イベントなどには会社・組合からの出演依頼があり、毎年これらの行事には最優先で協力しています。一方、対外的な活動にも力を入れており、各種合唱祭・コンクールへの参加や独自演奏会の開催などを行っています。最近では特に、地元である川崎市や神奈川県での活動に力を入れています。連盟関連では、現在、神奈川県合唱連盟および川崎市合唱連盟に所属しています。なお、富士通川崎合唱団にはOB・OG組織があります。

私たちは、職場合唱団特有のメリット・デメリットを抱えながら活動していますが、その推進力が「音楽を楽しむ」ことであることは他の合唱団と変わりません。集まってきた仲間は個性も音楽経験も様々ですが、心を合わせて一つの音楽を作り上げていくことが醍醐味だといえるでしょう。また、聞いてくださる聴衆の方に私たちの音楽の熱意をお伝えするには、それなりの技術的レベルが必要だと考えており、常に音楽的そして内面的な向上を目指しています。

富士通川崎合唱団団長
富士 秀